ユーチューバーの収入 私のチャンネルの場合年収〇〇〇万円

私は去年からMM Channel Worldというユーチューブチャンネルを開設致しました。

ちなみに2019年度のユーチューブ収入は300万円でした。

会社員として平日勤めながら、時間が空いたときに趣味として活動していたので、私の1年目の成果としては十分な結果だったのではないかと思います。正直100万円でも嬉しかったと思います!

この記事ではユーチューブの収益化をおこなう上で必要な審査基準や推定収益の計算方法、ユーチューバーのメリット、そして私が実際に使用している動画編集ソフトの紹介をしたいと思います。

審査

ブログでもユーチューブでも収益化するためには最低限の基準があります。ブログの場合は数十記事以上の掲載、Youtubeの場合はチャンネル登録者数が1000人以上で尚且つ視聴再生時間のトータルが4000時間以上という審査基準があります。

推定収入の計算方法

ユーチューブでもらえる収益概算の計算方法ですが、アドセンス広告の収入目安は、1再生で約0.2~0.3円と言われています。
なので、

1万再生で2000~3000円
10万再生で20000~30000円
100万再生で20~30万円

しかしこのデータはあくまでも目安にすぎません。私の場合ですが一番広告単価が悪かった動画だと、視聴回数125万回に対して得た収益がたったの10万円にしかならなかったコンテンツもありました。

これだと1再生0.1円にもなっていない計算になります。逆に1再生0.4円ついた動画も稀にありますが、基本0.2~0.3円つけば良しと思っておいたほうがいいでしょう。

ユーチューブを始めたばかりの頃だと、動画をアップしても数十回程度しか視聴してもらえないので、駆け出しのYouTuberならやはり辛抱強く、長期的に継続して動画をアップし続ける必要があります。

リスク

推定収入の予測話でテンションが少し下がってしまった方もいるのでは
ないでしょうか?しかし一度考えてみて下さい。

自分で株式会社を設立するには申請手続きにお金が必要になるのはもちろんのことですが、それ以外にも例えば、自分の飲食店を開業させるためには、お店を作る設備投資費用に最低500万円は必要になるでしょう。もし売り上げが伸びなくても、最悪店が潰れても費用は一切返ってきません。

しかしユーチューブは収益化の申請が無料なんです。
更にはYoutubeは初期投資の費用も無料ですよね。飲食店のように毎月家賃を支払うこともないし、借金する必要もないんです。
月の維持費がかからないので、自分が稼いだ分は100%の利益が得られるという、リスクのない素晴らしい夢のようなビジネスなんです。

編集方法

さて私の動画の編集方法について少しお話します。
私が使っている動画編集ソフトはAdobe Premiere Elements2019です。
サムネイルの写真編集にはAdobe Photoshopを使用しています。
制作コンテンツの企画、撮影、編集まで全て1人でやっているので実は非常に効率は悪いんです。

クラウドワークスのサービスを利用して動画編集を外注に依頼してしまうことも可能ですが私の場合は全て一から自分で作りたいタイプなのでまだ頼んだことがありません。

ちなみに私が動画を1本投稿するためにかかる制作時間は約1日半です。制作においては絶対に妥協しませんし、良いコンテンツが作れなければ苦労して作った動画でも投稿しません。

動画を外注に頼んだ場合は1本約2,000円~2,500円で募集をかけると
動画の編集者がすぐ見つかるようです。依頼単価はそこまで高くないので、「動画を上げたくても時間がない」という人は外注するのもありかもしれません。

チャンネル高評価率の平均点

私の動画全体の高評価率はチャンネル平均点で87.8%です。
ちなみにこの記事で使わせてもらったサムネイル動画を見てみましょう。
グッド評価:343 バッド評価:39、よって高評価率は89.8%になります。
結果やや平均点を上回る評価だったことがわかります。

しかし私の経験上、
高評価=広告単価が高い、低評価=広告単価が低いわけでもなかったです。
高評価と低収益はどうやら広告単価に比例しないようです。

まとめ

最後に、
ユーチューバーの素晴らしいと思う点をまとめてみました。

・好きなときに起きる

・好きなときに働く

・好きなときに寝れる

・好きな人と付き合う

・自由な時間を手に入れる

・自由な場所を手に入れる

・自由を生活を手に入れる

・楽しいを仕事にする

・趣味を仕事にする

・ストレスのない生活を手に入れる

私もまだまだこれからですが、情熱をもって活動していきたいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。