ホーチミンでおすすめの美味しい朝食は高級ホテルニッコーサイゴンで!

海外旅行で美味しい朝食を食べるのは楽しみのひとつですよね。
大切な1日の始まり、「ブレックファースト」のお店選びはとても重要です。

ニッコーサイゴンの朝食は、ホーチミンにあるホテルの中でもトップクラスです。
朝食は23階のクラブラウンジでも、2階の一般会場でも利用できますが、「一般会場」の方が料理の種類が多いのでおすすめです。

一方で、クラブラウンジは人が少なく静か、落ち着いた時間を過ごせるメリットがあります。
両方ハシゴすることもできるので、朝食は会場で、食後のデザート&ティータイムはラウンジでと使い分けるのもありです。

ホテルニッコーサイゴンの最大の魅力は「和食です。和食の美味しさはビックリするレベル。
お惣菜の品数・クオリティーは高級和食料理のおばん菜に匹敵する一流の味。

冷奴、豆富料理や納豆、煮物、焼き物、湯葉など、種類が豊富で内容は日替わり!
ヘルシーで低カロリーなため、特に和食好な女性客には人気。

日系ホテルならではの清潔で安全安心の朝食会場を見ていきましょう。

朝食会場の特徴


朝食ビュッフェ会場となる2階の「ラ・ブラッセリー」は250人が収容できる大規模なレストランです。広々としたレストラン入口には、受付案内のスタッフがアオザイを着てゲストを迎えてくれます。
営業時間は朝6:30から9:30まで。


和食、洋食、中華、韓国料理、そしてローカルのベトナム料理に至るまで、豊富な朝食メニューが並びます。シェフが目の前で調理をしてくれるホットエッグブースでは、ベーコンやオムレツなどの卵料理をはじめ、メニュー表からオーダーする事もできます。

ライブキッチンブースでは、パンケーキ、ワッフル、クレープ、フレンチトーストなどのスイーツが注文でき、シェフがその場で作ってくれるので、できたてが提供されます。

楽しいパフォーマンスが充実しているのもこの朝食会場の魅力の1つ。

フランスの文化が色濃く残るベトナムの国民食バインミー(フランスパンのサンドイッチ)はぜひ一度食べてみて下さい。

めちゃ美味しいので私は毎日欠かさず食べてました。パン好きな方には天国です。

「ホテルニッコーサイゴン」最大の特徴である、日系ホテルならではの和食の充実度はもう半端ありません。和食好きの人なら大満足なこと間違いなしです。

<関連記事はこちら>

ベトナムホーチミンでおすすめの高級5つ星ホテルニッコーサイゴン

朝食の料理内容は豪華!和食が最強

朝食ビューフェが口コミでとにかく素晴らしいとのことだったので、今回楽しみに訪れました。
窓側にテーブル、反対側にどこまで続くかのような長いブッフェ台があります。

では順番に見ていきましょう。


最初にドリンクブースがあり、インパクト抜群な豆乳系の健康飲料、カラフルなフレッシュジュース、東南アジアならではもココナッツジュースまで朝から贅沢に用意されています。

そしてベトナムに来たら苦味とコクの強いベトナムコーヒーはおすすめ!私は大好きです。


シリアルやドライフルーツ、シロップ漬けフルーツ、ミューズリーなども豊富に揃ってます。
美容や健康によいとされる「チアシード」や、「母なる穀物」と呼ばれ国連も認める栄養食である「キヌア」まで用意されており、健康志向の強い女性客であれば積極的に食べたいスーパーフードです!


ハム、チーズ、スモークサーモン、バインミー、バインセオなどのローカルフード(ベトナム料理コーナー)もなかなか充実しています。

ベトナムの渡航経験豊富な私は、特にバインミーの味にはうるさいのですが、やはりホテルのビュッフェに出てくるバインミーはどこも同じような味なんですよね。

無難というか、特徴のない安定した味というか、何かこう味に「パンチ」が足りません。
やはり私のお気に入りの専門店や、屋台で食べる方が断然美味しく感じます。


生野菜のコーナーは、ドレッシングの種類は豊富ですが、野菜は最低限ある感じですね。
見た目少し寂しい印象ですが、野菜を使った料理が他のブースにも沢山あるので、私はあまり気になりませんでした。


パンの種類はびっくりするほど多く、クロワッサン、調理パン、菓子パン、ドーナッツ、ペストリー、マフィン、パウンドケーキなどなど、多すぎてとても写真に収まりきらない量でした。


スイーツが充実しており フレンチトースト、クレープ、ワッフル、パンケーキなどスイーツ男子&女子、カップルにはたまらないでしょう。

私は自称「スイーツ番長」なので大興奮でした(笑)

盛り付けがおしゃれで美味しそうです。デザート用のトッピングフルーツやチョコレートソース、ジャム、果物は自分のお好みで。

口コミで人気のフォンダンショコラは、中に温かいトロトロのビターチョコで入っており、外はカリッカリでとても美味しかったです。


定番のハム、サラミコーナーもあります!私はハム大好きなんです。
4種類のハムをフランスパンに挟んで、バインミーにして食べる幸せったらもう、最高!
チーズやクラッカー、ナッツ類のコーナーもありました。


フルーツコーナーです。ドラゴンフルーツ、パパイヤ、パイナップル、フルーツポンチ、カップヨーグルト、ヤクルトなどなど。
ヨーグルトは4種類あり、その中で私が美味しいと思ったのはアロエヨーグルトです。

フルーツは意外と種類が少なくて、若干物足りなさを感じました。
やっぱりフルーツは市場で食べるのが一番なのです!
私のお気に入りは、「ベンタイン市場」の小さなお店でフルーツをカットしてもらって食べるのが一番好きです。



卵料理のコーナーで作ってもらえる「インスタ映え」すると評判のオムライスは、今回お腹が限界で食べれませんでした。人気があるし見た目からもきっと美味しいのでしょう!

次回はぜひチャレンジしたいです。


韓国料理のコーナーはキムチが3種と、ちぢみがありました。


フランスパンやバターロール、ゴマや豆のパンコーナーも充実しています。


和食コーナーが一番人気でした!とても充実しています。

納豆、梅干し、お浸し、小鉢、和え物、温泉卵、卵焼き、煮浸し、焼き魚、シラス、白米、お味噌汁、豚汁などが日替わりで並びます。

お惣菜を選んで、味噌汁と白米を付ければ、立派な和食定食が出来上がります。


シュウマイ、チャーハン、焼きそば、シチュー、などの温かいホットフードコーナーです。
ガッツリ炭水化物系の料理は男性客や子供に大人気ではないでしょうか。

個人的には「チキンカレー」も辛口でなかなか美味しかったです。

他にも多くの料理が並び、評判通りの豪華な朝食で味は保証付き。

1日だけでは食べきる事ができないほどの豊富なメニュー内容でした。

<ホテルニッコーサイゴン朝食ビュッフェの動画はこちら>

価格とサービス

朝食ビュッフェはサービス料、税込で、お値段は大人1人約 600,000ドン(約3,000円)
特に時間制限はなくゆっくり料理を楽しむことができます。

豪華で広々した朝食会場、清潔で綺麗な店内、豊富な料理、日系ホテルならではの行き届いたサービス、ゲストの目の前のライブ調理ブールで、オーダーした出来たての料理を提供してくれるサービス、これらを考えれば納得のお値段でしょう。

まとめ

ホーチミン中心地から少し離れていますが、ベンタイン市場やオペラハウスなどの観光名所に近く、シャトルバスや、タクシーで10分程度なので、アクセスは問題ありません。

また若者に人気の大きなファッションビルも、朝食会場から徒歩圏内にあるため、食後にショッピングも楽しめます。

今回私が実際に行ってみた感想ですが、とにかく朝食ビュッフェの種類の多さにびっくりさせられました。フォーやバインミーといったローカル料理はもちろん、パンの種類だけでも数えきれないほどバリエーションが豊富で、とても1度の利用では食べきれませんでした。

ホテルスタッフはしっかりと教育されており、とても気が利く方が多くて、気持ちよく過ごせました。さすが5つ星ホテルのサービスですね。

近くにはスーパーがあり、夕飯の食材用にお惣菜を買って帰ったり、お土産を安く買っておいたり、マンゴーなどの南国フルーツを買って、冷蔵庫に冷やしておいて、後ほど夜にいただくのも良いでしょう。

トータル的に私は十分満足することができたので、ホーチミンでおすすめの朝食だと思います。

ホテル ニッコー サイゴン HOTEL NIKKO SAIGON
・ 住 所 235 Nguyen Van Cu Street, District 1, Ho Chi Minh City
・ 電話番号 +84 8 3925 7777
・ ホームページ http://www.hotelnikkosaigon.com.vn
・ 日本語スタッフ あり