アフターコロナ ~コロナが収束した後に広がる世界~

『アフターコロナ ~コロナが収束した後に広がる世界~』

今回はコロナ流行により、今世界でもよくつぶやかれている重要なキーワードについて話したいと思います。最近よく耳にする言葉があります。

働き方改革、同一労働同一賃金、アフターコロナ、ニューノーマル、
リモートワーク、AI、コロナ倒産

前回の記事では「日本の未来予想図」についての記事を書きましたが、今回はコロナが収束した後の世界をテーマに考えてみたいと思います。

働き方改革働

従業員一人当たりの労働生産性の向上、離職率の低下、採用強化、従業員満足度の向上とザックリした概要はこうです。
日本の生産年齢人口が総人口を上回るペースで減少している為の対策の一環で始まった背策。私の考えですが今ですら日本国民は大変な思いで懸命に働いているのに従業員一人当たりの労働生産性を向上させろというのはもっと頑張れと言っているように聞こえますよね。

同一労働同一賃金

正社員と非正社員の格差を減らす背策!
非正社員の待遇を上げることで生産性を上げる狙いもある。
半面、その影響を受け正社員であるメリットが減る可能性が高い。
非正社員の生産性は上がったとして、今度は正社員の生産性は下がってしまうと
何とも微妙です。
近い将来、働く環境は大きく変わり「スキル主義」の時代が到来します。
そこにはもはや正社員も派遣社員もなく、年功序列の制度も撤回された社会になります。
正社員、派遣社員、若年層、中年層、男性、女性そんなことは関係なく、
純粋に高いスキルを持った人が勝ち残る世の中になります。
仕事はできないけど長年勤め年齢だけで給料が上がってきた時代はもう終わります。
実際すでにヨーロッパなどではこのスキル主義の働き方が浸透した社会になっています。
日本でもスキル主義の働き方が取り入れられる日は近いでしょう。

アフターコロナ

コロナが収束した後の世界を描いた言葉!
人類を脅かす感染症(世界的大流行)パンデミックが終わった後の世の中は以前の世界とはまるで違う全く見たことのない新しい世界が広がっているということです!
もう今までのような元の世界に戻ることは極めて難しいのでしょうね。

ニューノーマル

新しいことが当たり前になり今までの常識が常識ではなくなる、常に新しいことが常識になるニューノーマル時代がやってくる。
これからは私たち自らが進んで新しい常識を考えつくり出し、そして行動することが求められています。

AI

AIの発展は働き方改革と同様に労働人口が減り続けている日本においては必要不可欠なものだけれどAIに人の仕事が奪われるリスクも多く発生するでしょう。
数年後、配達は人からドローンに取って代わり、マクドナルドでは自動運転の車がアプリで指定した住居まで迎えに来て、ユーザーはマックモーニングを食べながらそのまま会社に自動運転で出勤するようになると推測されています。

コロナ倒産

業種別ベスト3
①飲食店
②ホテル
③アパレル
やはりサービス業が大ダメージを受けているのは明白。
コロナ倒産は今後更に加速すると予測されており、特に資金面で体力がない中小企業は
耐えられなくなる恐れが高いです。

新しい生活様式

今感染拡大を予防するために新しい生活スタイルが求められています。
通勤ラッシュを避ける、スーパー等で買い物をする時は混雑な時間帯は控える、筋トレやヨガは自宅の動画を活用するなど数えきれないほどの種類があります。
飲食店はコロナ流行に伴いサービスを店舗型からデリバリー型にして(ウーバーイーツが流行る)対応しているお店が増えてきました。
しかしデリバリーでは単価が安く、売り上げは思うように上がらないので打開策にはまだまだ程遠いようです。

コロナ第3~4波が絶望的

一番怖いのは来年に襲ってくるコロナ第3~4波です。
第2波は破壊的!第3~4波は絶望的!と言われています。
来年の本番を如何にして乗り越えるかに今後の世界の未来がかかっています。

まとめ

今コロナウイルスとどう向き合い共存・共生していくのか非常に重要ですが、
アフターコロナ~コロナが収束した後の世界をどう生きていくのかも大切ですよね。

次回はリモートワーク(副業含む)が当たり前の世の中になる
~コロナとAIに支配されない働き方につてい考えてみたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。