日本脱出を決意した時~日本の余命はあと数年~

『日本脱出を決意した日~日本の余命はあと数年~」

皆さんの中には息苦しい日本から離れて海外で生活してみたいと思った方もいるのではないでしょうか。私はその中の一人です!今日本が抱えている多くの現代社会問題、世界に取り残された日本のガラパゴス文化の特徴、日本に待ち受ける今後の未来、将来のための備えなど今回私が日本脱出を真剣に考えたきっかけを少し書いてみたいと思います。

現代社会の問題

日本が今抱えている現代社会の闇!
私の中で三浦春馬さんの自殺は本当に衝撃的でした。
私の周りの友人や知人の交友関係の中にも、残念ながら若くして自殺を選んでしまった方がいます。最近ではSNSの誹謗中傷もたびたび問題になっています。

もし日本の社会がそうさせているのであれば非常に問題です。

島国根性

「島国根性」という言葉は良い意味でも悪い意味でも使われます。

同じレールを走らない脱線して目立った行動の人を攻撃する習性
この文化は日本特有のもので海外では珍しいそうです。
これは人に対して非常に厳しい国という印象ですね。
非常に責任感の強い国とも言えますが。

個人主義で我が道を行く海外のように、人は人、自分は自分と割り切れないのでしょう。
「人のミスを許さない」という考えは日本の企業文化でもあります。
そんな最近どうも殺伐とした日本の社会に対して不満を持っている人は多いと思います。

日本に待ち受ける暗い未来

さて、日本には「バラ色の未来」が待っているのでしょうか。
それとも「暗い未来」が待っているのでしょうか。
もし私が海外にハマらなければ、もし日本から離れず国内で生活していたら、
こんなことはこれっぽっちも考えることはなかったと思います。

これから日本に待ち受けているのは「暗い未来」であるということです。

2025年問題 超高齢化社会の到来

医療、介護の現場、社会保障費の増大、労働力の減少…
すさまじい社会の変化がこれからやってくるのです。

国民の3人に1人が後期高齢者となる高齢化社会が到来!
子供の7人に1人が貧困な社会!

2020年、女性の半数が50歳を超える。
2024年、全国民の3人に1人以上が65歳以上になる。
2033年、3戸に1戸が空き家になる。
2040年、自治体の半数が消滅する

社会の変化 労働力・人手不足による働き方改革は、少ない人数で効率と生産性を上げなければならないため、少ない労働人数の中で今まで以上に苦しい社畜労働を強いられることが予測できます。

日本の国民は死に物狂いで十分頑張って働いているというのに今以上更に頑張らないといけなくなります。

日本が世界に譲らないワーストランキング

政治家の給料は高い国世界ランキング1位日本
若者の自殺者が多い国ランキング1位日本
農薬の使用量が多い国世界ランキング1位日本
食品添加物の数が多い国世界ランキング1位日本
1日の平均睡眠時間が短い国世界ランキング1位日本
税金が高い国世界ランキング2位日本

日本の食は安全だと信じている人が多いですがこれが真実なのです。

上記以外にも私たちの国には不安や要素や問題が山積みなのです。
20年間日本国民の平均給料は右肩下がりで低くなり続けています。
年金も将来安定して支給されるのかどうかわかりません。

近年AIを中心とした技術が進歩し海外のエンジニアが大量に国内に押し寄せてくる為、日本人の仕事が外人に奪われるケースも増えています。

Xデイ

「Xデイ」運命の日は間違いなく近い将来訪れると思います。
日本の経済・財政から、どれだけよく長く見積もっても「余命数年」
この事実を知っている人は少ないように思えます。
もともとオリンピックが終われば日本経済はどんどん落ちていくと言われていましたが、コロナの影響でその時期が更に早まっているのではないかと思われます。

円の価値が下がり紙切れになってしまう未来もあり得る話です。
そうなる前に私は自分の資産の1/3以上をすでに海外に移しました。

また今まで収入源が会社のみだったのを2年前から1つ増やしました。
今年からは更にもう1つ追加して計3つの収入源を確保しつつあります。
リスクを分配して管理することはこれから必ず必要になります。

海外移住の計画も進んでおりコロナが終息したら日本を発つ予定です。

日本が世界に誇れる優れたところ

さて日本の暗い未来ばかりを語ってきましたが、実は日本を離れたからこそ気づいた素晴らしさも沢山あります。

オーストラリアに1年滞在していた時に、友人宅でパーティーを開催したのですが、あと片付けや共有のテーブルを雑巾で拭いて掃除していた時、周りに驚いたんです。「日本人はすごい」と感動されたことがあります。自分も一緒に使ったテーブルだからと当たり前のように掃除しただけだったのですが。

冬は温かいおしぼりに温かいお茶が出てくるのは日本ぐらいでは。
夏は冷たいおしぼりに冷たいお茶が出てくる国は他にありますか。

スマホを置いたままでも盗られない治安が良さは世界一では。

本数も多く時間も正確な日本の電車網は素晴らしいでしょ!

乗客の乗り降り安全に配慮してゆっくり発信させるバス運転士さんの気配りは感動もの!
(私の経験上、他国のバスにそんな配慮はありません)

生活を便利に彩る日本のコンビニエンスストアは世界一便利です。

日本の親切な“おもてなしの精神”はもちろん世界一。

健康保険の制度が素晴らしく医療費がこんなに安いのは日本だけ。
(坂本龍馬さんのおかげですね)

自動販売機がたくさんあり喉が渇いた時にいつでも飲めるのは便利ですよね。
(海外に自動販売機ってなかなかないです)

日本人にとって当たり前のこと、当たり前の行動が世界ではビックリするほど称賛されることがあります。これは本当に素晴らしいことですよね。

まとめ

※最後に
皆さんは海外と日本についてどう考え、どのように感じていますか。
私なりに感じた事ですが、便利さと快適さを求めるなら世界トップクラスの日本。
生活の機能性は不便だが精神面でノーストレスで心が満たされ幸福感に包まれるのが海外のような気がします。人それぞれ求めるものは様々ですから何が正しいというのはないと思いますが、私は海外で挑戦してみたいと思っています。

最後まで見て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です