2021年の運勢を占い願う!世界がコロナに打ち克つ日タイパタヤ編

皆様明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は、恐らく人類史上に残る、極めて特別な年でした。
不要不急の外出の自粛を余儀なくされ、海外に行けない日々が1年近く続きました。

現在もコロナの脅威は去る気配がありません。

さて今回タイトルにも書きましたが「世界がコロナに打ち克つ日」再び笑顔で満たされた日々を取り戻すという願いを込めて、「2020年1月」にタイのリゾート地「パタヤ」で年末年始のカウントダウン年越しイベントに行った時の体験を思い出しながら記事にしてみたいと思います。

何度写真を見返しても人々の希望に満ち溢れた幸せそうな瞳の輝きがとても印象に残っています。
この記事を見て去年の様子に触れて頂き、何かの励みになれば嬉しいです。

記事だけではなくその様子を動画でもお届けしてますのでぜひご覧下さい。

旅人の楽園パタヤの特徴

バンコクから約160キロに位置するパタヤ。かつては小さな漁村でしたが、1960年代にリゾート開発で整備され、世界中から観光客が訪れる、世界を代表するビーチリゾートに発展しました。

人気の理由はバンコクから車で約2時間で行ける立地の良さと美しいビーチ、多彩なマリンスポーツや離島ツアーが楽しめること。

加えて「オーシャンビューレストラン」、「マッサージ」、「ショッピングモール」や「ナイトライフ」、「アウトドア・アクティビティ」などのエンターテイメントが揃い様々な楽しみ方ができる魅力的な場所なのです。

気候は年間を通じて温暖で、常夏の国ならではの開放感が味わえます。

特に世界一多いと言われている星の数ほどあるマッサージ店の中から自分好みのお気に入りの店を見つける楽しみもあります。

「タイ古式マッサージ」、「オイルマッサージ」、「フットマッサージ」、「高級SPA」、「ドクターフィッシュ」など様々なバリエーションのマッサージ店が揃っています。

日本のマッサージ店と比べてもリーズナブルで格安なので、パタヤに行ったらぜひマッサージを楽しんで下さい。

私はやはり世界一体に良いのされている本場の「タイマッサージ」は必ず毎日受けています。
体のメンテナンス効果が高く身体が軽くなり滞在中の旅行疲れも感じることなく過ごせます。

年末年始シーズンには世界中の人々が集まりカウントダウン&年越しイベントを楽しみます。

タイのパタヤはカウントダウン年越しイベントを楽しむ開催地としては抜群の場所です。国際色としては特にファラン(ヨーロッパ系)西欧人の定住者や観光客が多く、みんなノリノリの雰囲気で感情表現が豊か、最高潮なので年越しイベントは間違いなく盛り上がります。

パタヤウォーキングストリートで最高の年越し

タイパタヤで夜の王道といえばウォーキングストリートなくして語れません。

毎晩、歩行者天国になるアジア最大の繁華街「ウォーキングストリート」は、世界有数のナイトスポットとして世界各国から大勢の観光客が集まり熱気あふれる歓楽街として朝までにぎわいます。

「オープンバー」や「ゴーゴーバー」、「シーフードレストラン」、「屋台」、「CLUB」、「マッサージ店」など多種多様のお店が集まり、様々なエンターテイメント施設が所狭しと並んでいます。

私が訪れたのは2020年1月1日のHappy New Year年越しイベントでしたが、それはもう「幸せ」の一言につきました。

そこには国も性別も人種も関係のない、訪れた人々全てが最高の笑顔と幸せな時間に包まれます。

ファランが多いので目があえば笑顔でHappy New Yearとハグをして、バーで目があえばともに乾杯し、CLUBで目があえば一緒に踊ります。言葉など必要ありません。

まるで夢のような時間を世界の人々と共有できるので本当に貴重な体験ができます。

パタヤに来たらぜひ一度訪れてみて下さい。

<Happy New Year 2020 タイパタヤ Walking Streetで幸せな年明け My memories>

まとめ

パタヤのウォーキングストリートを一言で例えると大人のディズニーランド

大人が子供みたいにおもいっきりバカになりきれる場所、全てを許し優しく包み込んでくれる場所、眠らない旅人たちの最後の楽園です。

こんな場所世界中探してもなかなか見つからないんじゃないかと思います。

そしてベトナムと同様に、ここタイのウォーキングストリートでも、幸せなHappy New Yearを過ごす人たちの嘘偽りのない瞳の輝きはとても印象的でした。