絶対観たい人気のおすすめ名作映画20選の見どころをまとめてみた

毎年多くの映画が公開され「まだ見たことがない」「もう一度見てみたい」など気になる映画はたくさんあるけど、どの映画から手をつけていいか悩んでしまうことがあると思います。

この記事では洋画・邦画・ジャンルを問わず映画好きなら絶対に一度は見ておきたい人気の「名作映画」を20本に厳選して紹介します。

SFファンタジーアドベンチャーアクションホラーヒューマンドラマ恋愛ロマンスアニメなど、数多くのジャンルからおすすめできる作品ばかりを取り上げています

あなたは何作品観ていますか?

最近は家で過ごされることが多いと思いますので、休日や予定のない日には、観たことのなかった名作映画や懐かしくてもう一度見てみたいと思う作品を手に取ってみてはいかがでしょう?

この記事がそのきっかけになれば幸いです。

ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち


ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち(2016年)★星4.0

<あらすじ>
1206年、ノルウェーは内戦で国が分裂していた。国王ホーコン3世は対立派に暗殺されてしまうが、唯一残った希望である後継者は深い秘密で守られていた。知られると殺されてしまうまだ幼い子供を守る為に、ビルケバイネルと呼ばれる王に忠実な2人の戦士シェルヴァルドとトシュテンは、残された幼い王子を守るために過酷なノルウェーの冬の山を超えようとするのだが…。

<みどころ>
ノルウェーの史実「雪原の勇者ノルウェーの兵士ビルケバイネルの物語」を映画化した史実歴史アクション。後にノルウェー史上最も偉大な王となる2歳の王子を胸に抱きながら、ふたりの戦士が激しい吹雪の中を進み、襲い掛かる敵と戦い険しい大自然に挑みます。

大雪原で繰り広げられるハイスピードアクションはまさに圧巻。
ノルウェーの壮大で険しい大自然が舞台という珍しい映画で、ド派手なアクションシーンは少なめだがそこに頼ることなく、ノルウェーの雪深い壮大な自然、スキーでの新鮮で斬新な戦闘シーン、しっかりした骨太なストーリーが映画の世界へ引きこんでくれます。

オール・ユー・ニード・イズ・キル


オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年)★星4.3

<あらすじ>
日本のライトノベルをトム・クルーズで完全実写化したSFアクション!ギタイと呼ばれる謎の侵略者と人類が戦う近未来。異星人による地球侵略が進む中、戦闘中に命を落とすケイジ少佐だが、気づくと出撃前に戻っていた。

自分がタイムワープ現象に陥っていると悟った彼は、戦闘と戦死を幾度となく繰り返していくなか、その能力と仲間たちの協力によりギタイへの攻撃方法や弱点を見出していく。

<みどころ>
日本の小説家、桜坂洋の小説『All You Need Is Kill』を原作に、ハリウッド実写化したSFアクション映画。人類存亡の危機を救うべく人々はパワードスーツを開発し、身体能力を極限にまで高めて戦いに挑むが、異星人の圧倒的強さの前に敗戦していく様子はリアルで痛々しいです。

ギタイ(地球外生命体)はとにかく強いのですが、無限的なタイムループを活かして主人公がどんどん強くなるゲーム的展開は新鮮で面白いです。また最先端VFXを駆使した凄まじいスケールの戦闘描写にも引き込まれる超大作です。

エイリアン2


エイリアン2(1986年)★星4.7

<あらすじ>
救命艇で宇宙をさまよっていたところを救助されたリプリー。57年にも及ぶ冷凍睡眠状態から救出されたリプリーは、エイリアンの卵があった惑星が植民地化されていたことに慄く。
やがて開拓民からの通信が途絶えたのを知った彼女は、ノストロモ号の唯一の生存者であったため、今回案内役として宇宙海兵隊員と共に同惑星の調査に赴く。
そこでリプリーたちが遭遇したのは、卵を生んで繁殖し続けるエイリアン・クイーンの姿だった!
再びエイリアンとの壮絶な戦いに臨みます。

<みどころ>
第1作から7年を経て放たれた続編!
1作目では1匹の強敵として登場し戦ったエイリアンでしたが、今作では大量発生したクリーチャーが登場して襲いかかります。

まさに「戦争」さながらに武装した軍隊とエイリアンの大群が正面から激突します。強い女性を作品に登場させるのを好む・キャメロンだが、本作でのリプリーはもはや戦士。前作のホラーチックな要素とは打って変わった大規模な戦いぶりに圧倒されます!

<映画エイリアン全シリーズまとめ詳細はこちらを参照下さい>

 

ヘラクレス


ヘラクレス(2014年)★星3.8

<あらすじ>

圧倒的破壊力!ギリシャ神話の英雄・ヘラクレスの戦いを描くアクションアドベンチャー
全能の神・ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレス。神さえも恐れおののく並外れたパワーを誇りながらも、人間の心も兼ね備えた彼は、12の難業を成し遂げ、生きた伝説となった。

不死身のライオン、多頭の蛇ヒュドラ、山の巨大なイノシシといった魔物との戦場を渡り歩いてきたヘラクレス。ある日、トラキアの王女から反乱軍から国を守ってほしいと頼まれた彼は、寄せ集めの兵士たちを鍛え上げ、反乱軍の襲撃に備えるが…。

<みどころ>
ギリシャ神話に登場する「ヘラクレス」がさまざまな戦いを経て英雄となる姿を描いた映画。
超人的肉体を誇るドウェイン・ジョンソンが、タフで豪快なヘラクレスを熱演し、激しい肉弾戦を展開。凄まじい怪力で次々と襲いかかり魔物を倒していく姿が痛快だ。監督は「X-MEN」などのブレット・ラトナーが手掛けているため迫力ある戦闘シーンや映像に圧倒される。

グラディエーター


グラディエーター(2000年)★星4.9

<あらすじ>
西暦180年、大ローマ帝国。マキシマス将軍は、アウレリウス皇帝から全幅の信頼をおき、次期皇帝の地位を約束されるが、それを知った皇帝の息子・コモドゥスは皇帝である父親を殺害。反逆罪で捕らえられたマキシマスは間一髪逃げ延びるが、奴隷商人の手に落ち、死ぬまで戦うことを義務づけられた剣闘士奴隷として生きることを余儀なくされる。

<みどころ>
アカデミー賞作品賞ほか5部門に輝いたスペクタクル超大作!エイリアンを手掛けた巨匠リドリー・スコット監督が持ち前の映像センスを発揮した傑作史劇。

風花が舞い散る冒頭の戦闘シーンやコロシアムでの死闘など、壮絶なアクションに引き込まれる。
グラディエーターはアカデミー作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、視覚効果賞、音響賞など5部門を獲得した映画史上に残る超名作であり、今作の大成功を受け、その後「キングアーサー」「トロイ」などの名作が製作されました。

猿の惑星:創世記ジェネシス


猿の惑星:創世記ジェネシス(2011年)★星4.4

<あらすじ>
製薬会社でアルツハイマー用の新薬を投与された猿が暴れ出し、射殺される。だが、その猿は妊娠しており、製薬会社の研究員であるウィルは、生まれたばかりの赤ん坊を自宅に連れ帰る。

シーザーと名付けられたその猿は、やがて高度な知能を発揮するようになるが…人間の薬の臨床実験にされる猿の酷い扱いを知り、シーザーは人類に反旗を翻すし、ウィルとの別れを決意し仲間達とともに森の奥へ消えてしまう。

<みどころ>
映画史上に残る名作SFをリブートした、猿の惑星誕生の起源に迫る新シリーズ第1弾!なぜ、猿は地上の支配者となったのか?サンフランシスコを舞台に、その発端となる事件が描かれる。

俳優の演技と最新VFXを組み合わせた猿たちの存在感がリアルに描かれています。同作から続く3作は単なるリメイクではなく最初から新しくリブートされた世界観を持つ作品。人と動物の関係を超えたウィルとシーザーの強い絆、ラスト別れのシーンは胸が熱くなります。

バイオハザード3


バイオハザード3(2007年)★星4.5

<あらすじ>
前作『バイオハザードII アポカリプス』から8年後。
ラクーンシティでの惨劇から数年後、ウイルスの感染は世界中へ蔓延し広がり、地上はアンデッドで溢れかえっていた。そして地上世界は砂漠へと化していた。

アンブレラ社の「アリス計画」が始動し、クローン化したアリスのDNA実験が繰り返されていく。
そんな中、独り世界を彷徨う「アリス」は、離れ離れになっていた「カルロス」たちと再会。

そしてクレアと彼女が率いる武装集団も新たな仲間に加わり、燃料や食料を確保するため荒涼のラスベガスへ向かうのだが・・・。

<みどころ>
バイオハザードシリーズ3作目!
世界荒廃のような砂漠を舞台にしたゾンビ映画は非常に珍しく、その世界観だけで心をくすぐります。戦いの舞台は研究施設内や街中が多い中で、砂漠というのがSFの迫力をかりたててくれます

広大なエリア、膨大な数のアンデッドと、スケールアップ。
クローンアリス軍団などSF色が盛りだくさん!アンデッドの大群の中に車で突っ込むシーンは大興奮!砂漠化で飲み込まれてしまったラスベガクの光景が壮絶すぎ。

サバイバルな要素が強く「生存者」がどう生き残るのかが描かれています
原作のゲームから「バイオハザード」の主人公クレアが登場。軍団を組織するリーダーとして「強い女性像」を魅せてくれます。とにかくクレアがかっこよすぎてヤバいです。

スーパーアンデッド(獰猛で残忍に走りまわるゾンビ)など映像的な見せ場を意識したクリーチャーが多く出現します。アリスとのバトルシーンは必見で、評価が高く、本作単体でも楽しめる、全シリーズの中で一番おすすめの映画です。

<映画バイオハザード全シリーズまとめ詳細はこちらを参照下さい>

 

ザ・ビーチ


ザ・ビーチ(2000年)★星3.6

<あらすじ>
アメリカ人青年のリチャードは刺激を求めてタイのバンコクに一人旅でやってきた。何かを求めるようにタイの町をさまようものの、その「何か」が見つからない。そんな時、安宿でリチャードはダフィと名乗る奇妙な男と知り合いになる。

ダフィはリチャードに「伝説のビーチ」のまことしやかな話について語り始める。そのビーチは、美しすぎるほどに美しく、日常の全てのしがらみから解放されるという夢の様な場所だという。だがそのビーチの地図を残し翌朝ダフィは謎の死を遂げていた。

ダフィの話を半信半疑で聞いていたリチャードだったが翌日、隣室に泊まっていたフランス人カップル、フランソワーズとエチエンヌと共に「伝説のビーチ」を探す旅に出る。旅人たちの間ではタイで「伝説のビーチ」が噂になっていることを聞かされたリチャードは、地図だけを頼りに海を渡りその場所を目指した。ようやく辿り着いた「伝説のビーチ」。そこで共同生活を営む若者のグループと出会うのだが…。

<みどころ>
「レオナルド・ディカプリオ」主演の孤島にある伝説のビーチを巡るサスペンス映画!楽園と呼ばれる『ピピ島』が今作のロケ地!タイのバンコクにあるバックパッカーの聖地「カオサンロード」のゲストハウスで「ダフィ」との出会いから物語は始まります。

「バンコク」、「スラー・ターニー」、そして「ピピ島」が舞台で旅人の心をたまらなく刺激する作品。ダフィが最初に言った「ガン細胞のような寄生虫ども」の言葉の意味が中盤以降からわかるようになります。

伝説のビーチでの楽園のような生活と、その裏に潜む闇を巡る物語がミステリアスに展開。少しずつ狂気に支配されていく主人公役のレオナルド・ディカプリオの好演も、フレッシュな魅力で全開!

楽園のような幸せな生活から後半は緊張感あふれる内容にシフトしていく点も見逃せないポイントといえます。旅好きな方、タイのピピ島に行ったことのある方は要チェックの映画です

グレートウォール


グレートウォール(2017年)★星4.0

<あらすじ>
金と名誉を追い求め、強力な武器を探して世界中を旅する傭兵ウィリアムは、砂漠地帯で馬賊の襲撃を受けて多くの仲間を失い、ようやく万里の長城へ辿り着いた。しかし万里の長城で巨大な地響きとともに圧倒的な数で迫りくる謎の生物に遭遇する。

それは60年に1度現れる伝説の怪物・饕餮(とうてつ)と呼ばれる人間の欲深さを罰するために現れる怪物であった。饕餮から人類を守ろうと集結した戦士たちの精神に心を打たれたウィリアムは、共に戦うことを決意するが…。

<みどころ>
「マットデイモン主演」!製作費150億円をかけた歴史ファンタジー超大作!伝説のクリーチャーに立ち向かう壮大なアクション映画です!人類史上最大の建造物「万里の長城」が造られた我々が知らなかった目的がついに明かされます。

「HERO」のチャン・イーモウ監督が圧倒的なVFXで人類と怪物の戦いを描出。長城ではすでに完全武装した大軍団が、敵を迎え撃つために使うアクロバティックな戦術の数々。何千、何万もの未知の大群が長城めがけて怒濤のごとく押し寄せてくる光景など、万里の長城を走り抜ける大勢の人々の驚異的な映像世界は必見です。

マッドマックス 怒りのデス・ロード


マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年)★星3.9

<あらすじ>
水や食料、石油も尽きかけた世界。愛する者を失った主人公の元警官・マックスは、資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配する独裁者・ジョーの軍団にとらわれる。そんななか、ジョーの右腕であるフュリオサが配下の全身白塗りの男ニュークスと共に反旗を翻し、囚われの女性たちと共に逃走。
怒り狂ったジョーは軍団を率いて追跡を開始する。マックスはこの追跡劇に巻き込まれ…

<みどころ>
漫画「北斗の拳」も真っ青の世紀末アトラクション大作映画!荒廃した近未来を舞台に妻子を独裁者軍団に殺された男の壮絶な復讐劇を描き、主演のメル・ギブソンの出世作となったマッドマックスシリーズの第4弾。独裁者・ジョー率いる暴走軍団とマックスたちが決死のバトルを繰り広げる。

凄まじい追跡、激しい爆発が炸裂するカーアクションバトル、スピード感満点の展開から目が離せません。CGに極力頼ることなく人間の限界に近いスタントでよりリアルさを追求した監督の拘りが感じられる迫力ある作品です。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション


ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(2015年)★星4.5

<あらすじ>
各国の元諜報員で構成された正体不明の悪の無国籍スパイ組織「シンジケート」を追っていた、イーサン・ハント。不覚にも罠にはまり彼らに捕われてしまう彼だったが、シンジケートのメンバーである謎の女性イルサに助けられる。

形勢を整えて反撃に備えるが、イーサンの所属組織「IMF」がCIA長官によってまたしても解体の窮地に追い込まれてしまう。反逆者として指名手配され、敵からも味方からも追い詰められるイーサンはこの難関とどう立ち向かうのか?

誰が敵か味方かわからないなか、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関の究極ミッションを突破するための最後の「作戦」とは?

<みどころ>
人気シリーズの第5弾。最大の見所である、地上約1500mの高さを時速400キロ以上で飛ぶ輸送機にしがみつくトム・クルーズ自身による超絶スタントはトム自身が眼球全体を覆うコンタクトレンズを着用し、このスタントに臨んだそうです。

オープニングにして、クライマックスかのような派手なアクションシーンはもちろん、「オーストリア」、「モロッコ」、「イギリス」をまたにかけた豪華な舞台、国や組織に使い捨てにされるスパイの悲哀にも迫った人間ドラマも見どころだ。互いにライバル組織であった者が理解し合い和解するラストシーンは見ていて実に微笑ましい。

<映画ミッションインポッシブル全シリーズまとめ詳細はこちらを参照下さい>

 

ウォーターワールド


ウォーターワールド(1995年)★星4.1

<あらすじ>
何世紀にもわたる環境破壊の末、地球が海で覆われた未来世界。人類は「アトール」と呼ばれる浮遊都市の上で生き延びようと必死だった。しかし、人々の中には、神話のように語り継がれてきた伝説の陸地“ドライランド”が存在すると信じる者がいた。ある日、一匹狼の男・マリナーが謎の少女・エノーラと義母のヘレンの住むアトールにやってくる。3人は凶悪な海賊集団・スモーカーズとの戦いに巻き込まれていく…。

<みどころ>
ケビン・コスナー主演による海洋アドベンチャー・アクション!海に浮かぶ都市を巨額の製作を費やして作り上げた超大作。海上で展開するハードなアクション、デニス・ホッパーの怪演など、再評価が期待されるディストピア映画だ。

逃げ場のない海での戦いはハラハラの連続で大迫力の展開は見ごたえがあります。荒っぽい海の男・マリナーを演じるケビン・コスナーが少女エノーラとの出会いにより少しずつ心を開いていく様子は見ていてほのぼのとします。

鬼滅の刃


鬼滅の刃 (2019年)★星4.0

<あらすじ>
時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹・襧豆子は鬼に変貌してしまった。絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”の道を進む決意をする。人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる。。。

<みどころ>
己を滅して鬼を斬れ。人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語!
天才女性漫画家にして最後の作品であり、映画世界興行収入「第1位」に輝いた原点がここにある!
原作は「週間少年ジャンプ」にて連載。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟。独自の世界観を構築し続け、新たな少年漫画の金字塔として存在感を示している。

ロスト・バケーション


ロスト・バケーション(2016年)★星3.8

<あらすじ>
亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシーはサーファーにとって最高の楽園といえる秘密のビーチで休暇を満喫していた。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。

一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった。脚を負傷しながら岩場に泳ぎ着いた彼女は、絶望的な状況に追い込まれたことを知る。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―。

<みどころ>
主演はブレイク・ライブリー。巨大ザメに追い詰められ絶体絶命の窮地に陥った女性のサバイバルを描いたスリラー映画!たったひとり海に取り残された女性が、恐怖に駆られながらも、医大生である自分の医学知識を総動員して生き残ろうとする。

カニを食べて飢えをしのぐシーン、傷口を結合するシーン、クジラの死骸に乗るシーン、浅瀬、岩礁、干潮、満潮、昼、夜の気温の変化など刻一刻と変わる展開はスリリングで緊張感たっぷり。

映画は86分と短めですが、秘境のビーチがとても綺麗で見事な映像、緊張感のあるハラハラした迫力シーンの連発で最後まで飽きずに見れる映画です。近くにいたカモメの翼を治療してあげるナンシーの優しさが最高だった。

私はサーファーでオーストラリアのシドニーに1年住んでいた事があり、オーストラリア「ニューサウスウェールズ州」に属するこの映画のロケ地「ロード・ハウ島」は自分にとってとても身近な存在で非常に親しみを感じる作品でした。

トランスフォーマー/リベンジ


トランスフォーマー/リベンジ(2009年)★星4.4

<あらすじ>
オートロボットが邪悪なディセプティコンを撃破した戦いから2年。
ディセプティコンの生き残りがメガトロンを復活させていた。

その頃、サムは恋人のミカエルや親元から離れて大学生活を始めたが、トランスフォーマーの生命の根源であるキューブの欠片に触れたことで奇妙なサインが見えるようになる。

それは、古代ピラミッドに秘められた、ある恐るべき暗号を示していた。やがて絶滅したはずのディセプティコンの生き残りが、無数の仲間を率いて世界各地に侵入を始めるのだった…。

<みどころ>
SFアクション超大作シリーズ第2弾となる本作は、上海、ロンドン、パリ、エジプトなどを舞台に、物語もビジュアルもスケールアップ。

建設車両6体が合体する巨大ロボット「デバステーター」などの新キャラを含め登場するトランスフォーマーたちの数も約5倍近くにまでなっている。

人間と金属生命体との戦闘描写にさらなる熱が入り、そのド迫力な映像に引き込まれました。

<映画トランスフォーマー全シリーズまとめ詳細はこちらを参照下さい>

 

ローン・サバイバー


ローン・サバイバー(2013年)★星3.9

<あらすじ>
米海軍特殊部隊ネイビーシールズ4人VSタリバン兵200人!
最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」衝撃の実話を映画化した戦場アクション!
<ひとりでは、生き残れなかった。>作戦に参加した4人の隊員は、アフガンの山岳地帯での偵察任務中に、山中で山羊飼いに遭遇し、議論の末に非戦闘員である彼らを解放する。

その「決断」により存在を知られた4人は200人超のタリバン兵の攻撃にさらされる。それは世界一の戦闘能力を誇る隊員たちも死を覚悟する絶望的な状況だった。しかし、あるひとりの兵士がその極限状況を生き延び、奇跡の生還を果たす。極限の状況でいったい彼は、どうやって生き延び、4人対200人超の過酷な戦場をサバイブすることができたのか?

<みどころ>
特殊部隊ネイビーシールズによるタリバン指導者暗殺作戦「レッド・ウィング作戦」に参加し、ただひとり生還した兵士の手記を映画化。銃撃・転落の相次ぐ山岳戦闘は激烈。単純な戦争アクション映画ではなく実話のためリアルでかなりシリアスなストーリーになっている。

羊飼いを逃がした決断がタリバンに見つかるきっかけになるのだが、自分の命をかえりみずアメリア兵を助けたアフガニスタンの人たち。戦争中であっても、敵味方、国など関係ない人の善意と優しさを垣間見ることができる作品だです。

仲間との強い絆を描いた美談は確かに心に響くものがありました。
「プライベートライアン」以降、最高の戦争映画です。

インターステラー


インターステラー(2014年)★星4.5

<あらすじ>
「移住可能な星はあるのか」「人類は生き残れるのか」それを確かめる片道切符の旅へ!
劇的な環境変化によって地球の寿命は尽きかけていた。エンジニアで元テストパイロットだったクーパーは、人類が居住可能な新たな星を探すという難しいミッションに選ばれる。

まだ幼い愛する息子と娘との再会はおそらくもう望めない。それでも彼は、泣きじゃくる娘に「必ず帰ってくる」と約束する。だが彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか。。。

<みどころ>
ノーベル物理学賞を受賞している物理学者のスペーストラベル理論に基づいた宇宙の姿と神秘を、過酷な任務に臨む父とその家族の愛と絆を絡ませながら描いています。

今作品の魅力は大迫力なSF映画だけではなく、物理の法則がしっかりと描かれていることです。三次元の法則、時間と重力などの、物理に触れながら、人間の創造力を最大限に活かして、どんな困難な状況でも諦めず遠い宇宙から大切な家族や娘に最後までメッセージを伝えようとする父親の姿は感動を呼びます。過去と未来が交差しながら父と娘の絆の強さを表現した感動の名作。

<宇宙を舞台にしたおすすめ映画をまとめた関連記事はこちらを参照下さい>

 

ヴァイキング〜海の覇者たち〜


ヴァイキング〜海の覇者たち〜(2018年)★星4.2

<あらすじ>
舞台は8世紀末の北欧の地 スカンディナヴィアのカテガットという村から始まります。伝説のヴァイキング王で、最も残虐な海賊の一人として有名な歴史的人物、英雄「ラグナル・ロズブローク」を中心に、その生き様や仲間のヴァイキング達との戦いの物語です。

主人公「ラグナル」は妻「ラゲルサ」と息子「ビヨルン」、娘「ギーダ」と普段は農業や漁業で生計を立てる穏やか暮らしを営んでいました。夏になると船で近隣諸国を襲い、財宝を奪う「ヴァイキング」の本性を発揮する、凶暴な海賊。

ラグナルは己の為、家族の為、仲間の為、誰も向かった事のない、西にあると噂される豊かな大陸を目指して世界への航海を決めます。ラグナルの兄にして最強の戦士「ロロ」、船大工で親友の「フロキ」、カテガットの村の勇猛な戦士達とともに大軍団を結成し、広大な海を渡り北欧やイングランドまで勢力を拡大させていきます。ここから彼らの壮絶で波乱に満ちた誇り高き戦いの全貌が明らかになります。

<みどころ>

壮大なアイルランドが撮影場所!
アイルランドの大自然の中で撮影されたため、映像や風景が美しいです。
壮大な大自然を見てると、当時の世界に自分もタイムスリップしたように感じてしまいます。

城下町や建物、武器、小道具までしっかりリアルに作り込まれているので、ドラマの世界に入り込めるからおもしろいです。

北欧神話が盛り込まれた神秘的な世界観!
ヴァイキングたちは北欧神話で登場する有名な神様を信じています。

「主神オーディン」や「ロキ」、「雷神トール」などが物語によく出てきます。
イングランドではキリスト教が広まっています。生と死が隣り合わせのドラマの中で、神々の存在や宗教の影響力を強く感じました。

信じる神によって価値観や過ごし方が全くもって違い、北欧の宗教とキリスト教の考えが入り混じりの世界観がとても興味深くおもしろいです。

異なる互いの宗教は神々の存在を認め合おうとする場面もあります。

ヴァイキング=略奪ではなく、自分が信じる神々の世界観や死生観も見事に描いてくれているので、非常に深みがあっていい感じです。

<ヴァイキング〜海の覇者たち〜の詳しい詳細はこちらをご参照下さい>

 

アイ,ロボット


アイ,ロボット(2004年)★星4.4

<あらすじ>
驚愕の近未来アクション超大作!「ロボット三原則」が破られたとき、未来は崩壊する! ロボットと人間が共存する2035年のシカゴ。もはやロボットは欠かせない存在となり、三原則が定められていた。

一.「人間に危害を加えてはならない
一.「人間から与えられた命令に服従しなければならない
一.「前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない

ある日、ロボット開発の権威である博士が謎の死を遂げる。捜査を担当したスプーナー刑事が疑いの目を向けたのは、1台のロボット・サニー。人間を襲わないプログラミングがされているはずのロボットだが、サニーだけは違っていた・・・。
そして想像を絶する巨大な陰謀に巻き込まれていく・・・。

<みどころ>
アメリカ・ドイツ合作のSFアクション。「われはロボット」をモチーフにした作品。ロボットVS人間の近未来を舞台にロボットを嫌悪する主人公の刑事ウィル・スミスが活躍するSFアクション。

ロボット設計者の死が引き金となり決して人間を襲わないはずだったロボットたちの反乱は、現代のAI社会への警鐘メッセージにも思えて見ていて恐ろしくなる。

私の頭の中の消しゴム


私の頭の中の消しゴム★星4.8

<あらすじ>
建設現場で働く無骨な大工のチョルス(チョン・ウソン)と建築会社社長の令嬢でちょっと天然なスジン(ソン・イェジン)。住む世界の全く違った2人が運命の出会いで結ばれ、身分の差を乗りこえて幸せな結婚生活を始める。しかし幸せな日々を送っていた矢先、スジンは若年性アルツハイマー病に冒されてしまう。やがてふたりの愛の記憶まで失っていく。記憶がなくなっていくスジンを夫のチョルスは強い愛情で包み込んでいく。

<みどころ>
難病と戦いながら、夫婦の愛を深めていく純愛ラブストーリー。「デイジー」のチョン・ウソンが、野生的ながら心優しいナイーブな男を好演。ソン・イェジン演じるヒロインの純真無垢で澄んだ瞳には誰もが引き込まれます。美男美女カップルが主演を務めているところにも注目!不治の病と向き合いながらも最後まで希望を捨てない2人の展開が、涙腺を崩壊させる秀作です。

<こんなヒロインとなら恋に落ちたいと思える恋愛映画をまとめた記事はこちらを参照下さい>

 

まとめ

以上、映画好きなら絶対に一度は見ておきたい人気の「名作映画」20本を厳選して紹介しました。
いかがでしたか?意外と「まだ見たことがなかった」懐かしいから「もう一度見てみたい」映画などがあったかもしれませんね。

今は家で過ごす日が多いと思いますが、映画鑑賞は楽しいだけでなく気分転換にとても良いです。
休日や予定のない日には、マッタリと観たことのなかった映画や心に残る懐かしい映画をもう一度見返してリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

無料動画配信サービスを利用して視聴しよう

U-NEXTで見る【31日間無料】

U-NEXTは現在見放題作品数No.1の動画配信サービスです。

映画 ・ドラマ ・アニメなどの動画配信だけではなく、マンガ ・書籍 /・雑誌など幅広いコンテンツを配信しています。

映画、ドラマ、アニメなど見放題作品180,000本以上配信中。

お申込みから31日間、月額プラン利用料が無料でお試しいただけるキャンペーンがあります。

動画配信数No.1なので他社にはないマニアックな作品を見つけて視聴することができるのが嬉しいですね。

31日間無料トライアル期間中に解約しても、料金は一切発生しませんのでご安心下さい。

登録が簡易で簡単なので、サクっと登録してすぐ視聴できるのでおすすめです。

<U-NEXT31日間無料トライアル登録はこちら>

Amazon Prime Videoで見る【30日間無料】

Amazonプライムビデオは、30日間無料体験つきの映画・TV番組見放題サービスです。

数ある動画配信サービスの中でも、「Amazonプライム・ビデオ」は月額わずか500円で10,000本以上の作品が見放題で、コストパフォーマンスが最も高いと言われています。

Amazonプライムはもともと動画配信を専門としたサービスではないため、動画配信が専門の会社と比べるとマニアックな作品は少ないですが、私の体験した感想では有名どころの作品なら十分なボリュームだと思いました。

無料体験期間が30日間あるので一度体験で見まくってみてから、もし気に入ったら入会すると良いでしょう。

私はAmazonでよく買い物をするので配達の時、「お急ぎ便」が無料で利用できるようになるので非常に重宝します。これだけでもすぐに元が取れます(笑)

もちろん動画配信サービスは30日間無料期間中に解約しても、料金は一切かかりません。

<Amazonプライムビデオ無料体験30日間登録はこちら>

Amazonプライムビデオ