宇宙を舞台にしたおすすめ名作映画の見どころをまとめてみた

宇宙を舞台にしたスケールの大きいSF映画は「宇宙」、「惑星」、「地球外生命体」との遭遇など、人知を超えた夢と神秘に満ち溢れた世界が見る人を夢中にさせます。

今回は特に評価が高くて面白かった人気の名作SF映画を厳選して集めました。
そのドキドキハラハラな迫力あふれるストーリーから見どころまで紹介します。

ライフ


ライフ (2017年)★星3.4

<あらすじ>
火星で採取された未知の地球外生命体を極秘調査するため、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに集結した。世紀の大発見である神秘的な地球外生命体の生態に驚愕するが、その生命体は急速な進化と成長を遂げ、非常に狡猾で高い知能を誇るようになる。

やがて地球外生命体は宇宙飛行士たちを敵とみなし襲い始める。刻一刻と事態が悪化する中、命がけで生命体を駆除しようと試みるも、ひとりまたひとりと命を落としていく。助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは……。

<みどころ>
舞台である国際宇宙ステーションを緻密に再現しリアルさを追求。
日本からは真田広之が出演しその渋い演技力で場の雰囲気を高めます。
また実力派俳優とセットのコラボが一層の緊迫感を生み出す。

この作品の見どころは、密室でのSFスリラーであり極限の恐怖描写で鑑賞者は目を覆いたくなるような手に汗握るようなシーンが沢山登場します。未知の生命体は短時間で急成長を遂げ敵意を露わにし、次々と6人の宇宙飛行士たちに襲いかかります。

そのあまりの残虐な凶暴性と狡猾な知能をもった生命体を前にいったい誰が生き残れるのか絶望に近い緊張感でストーリーが進んでいきます。エイリアンのジャンルの中では間違いなくトップクラスの恐怖をあなたは体験することになるでしょう。SFホラーが好きな方には超オススメの作品です。

ディープ・インパクト


ディープ・インパクト(1998年)★星4.2

<あらすじ>
彗星が衝突!運命の日、あなたは誰と最後を迎えたいですか。
感動のパニック超大作!もしも、数日のうちに地球に巨大彗星が衝突し、全人類が絶滅するかもしれないと知ったら、あなたならどうしますか?

天文部の少年「レオ」が彗星の怪しい動きを発見してから数年後、アメリカ大統領の記者会見で驚くべき発表を行う。彗星が1年後に地球に衝突するというのだ。人類滅亡を阻止するため、「アメリカ」と「ロシア」は互いに協力して衛星軌道上に宇宙船を建造し彗星を爆破するというミッションに挑む。

また政府は100万人を収容する地下シェルター建設と核攻撃を計画するのだが…
彼らを待ち受けていたものは想像を絶する困難だった。
身震いするほど恐ろしく、目を見張るほど衝撃的な滅亡へのカウントダウンが始まった。

<みどころ>
構想20年。「ジョーズ」のクリエイターたちが再結集して描く人類最後の詩。彗星落下という絶望的な現実を目の前にした人間の極限の心理描写がリアルに描かれている。

いかにして災害を食い止めるか?ではなく「残された時間をどう生きるか」人々の生き方そのものが見どころとなります。

映像面では彗星の衝突場面は怒涛の迫力で、引き潮から絶望的な津波が襲ってくるシーンなど、この映像を製作したのが当時世界最高のVFX工房だったことに納得させられます。

有人宇宙船を送り込み彗星を爆破する「メサイア計画」ではクルー達が自分の命を犠牲にして地球を守る決意をする場面は必見。大掛かりな見せ場と相反する要素の両立を成しとげた本作は破格の完成度を誇っており、言わずと知れた名作映画です。

アポロ13


アポロ13(1995年)★星4.5

<あらすじ>
無事地球に帰還できるか?宇宙船アポロ13号で起こった実話を映画化。
1969年、アームストロング船長が人類初の月面着陸に成功。そして翌1970年4月、ジムら3人の飛行士を乗せたアポロ13号が月へ向けて打ち上げられる。だが航行中に爆発事故が起き、ヒューストン管理センターは乗組員を地球に帰そうと不眠不休で決死の救助作戦に乗り出すが…。

<みどころ>
「成功した失敗」と称えられる事故の劇的な一部始終を映画化。ロン・ハワードの抑制の効いた語り口と、役者陣の確かな存在ぶりで引きつける。打ち上げ場面も忘れがたい。

どんな困難な危機に直面しても、最後まで決して諦めない精神と仲間との強い絆を描いた、あまりにもドラマティックな実話。アポロ13号の事故は「輝かしい失敗」と称され、宇宙に取り残されたクルーと地上の管制塔の緊迫感溢れるやりとりがリアルで宇宙の怖さを改めて感じさせる作品です。

オデッセイ


オデッセイ(2015年)★星4.5

<あらすじ>
嵐に襲われて地球へ帰還した有人火星探査計画のクルーだが、そのうちの1人・宇宙飛行士のマーク・ワトニーが取り残される。NASAに死亡したと断定されるなか、生き延びていたワトニーは厳しい環境の惑星でたった一人決死のサバイバルを敢行。

やがて彼から生存を知らせる通信を受け取ったNASAは、各国から集められた科学者たちと、彼を生還させるための不可能とも言える大胆な救出作戦をスタートさせる。

<みどころ>
アンディ・ウィアーの小説を実写化したSF。空気も水も無く、わずかな食料しかない状況で、彼は知恵と工夫を凝らして、4年後のNASAの救出まで生き延びようとする。

いかなる困難にもめげないポジティブな主人公に扮した「マット・デイモン」の快演に加え、科学的考証に基づくサバイバル術も必見。主人公が生き抜くことを決意する様子や、彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘ぶりは私たちに感動と強い勇気を与えてくれるでしょう

インデペンデンスデイ


インデペンデンスデイ(1996年)★星3.8

<あらすじ>
米国の独立記念日を控えた7月2日、何の前触れも無くエイリアンの宇宙船が世界各地に突然飛来。
直径24キロに及ぶ巨大なUFOの攻撃で各国の主要都市が壊滅してしまう。
アメリカ・サイドは、エイリアンとの平和交流を試みるが敵UFOからの容赦ない攻撃を受けてします。人類は反撃を開始するが、宇宙船には全く歯が立たない。そんな中、空軍パイロットのヒラー大尉がエイリアンの捕獲に成功し、敵の弱点を探り出し攻勢に出る。

<みどころ>
ウィル・スミス主演「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督がメガホンを取り、宇宙人の侵略から地球を守るというシンプルかつストレートなテーマを、圧倒的なビジュアルで描いたSF超大作。

ホワイトハウスが一瞬で破壊される衝撃的なシーンをはじめ、エイリアンと人類の戦いが壮大なスケールで描かれる。個性豊かな登場人物たちのドラマはユーモアたっぷり。都市破壊や大迫力の戦闘シーンの制作には、多くの日数が費やされており、監督の拘りが感じれる映画です。

ザ・コア


ザ・コア★星4.2

<あらすじ>
地球の核停止。人類は1年以内に滅亡する…。それは些細な予兆から始まった。
ボストンでペースメーカー使用者32名が同時に突然死する。
鳥の異常行動などの怪現象が世界各地で相次ぎ、トラファルガー広場には散乱する無数の鳩の死骸が。方向を失い、制御不能に陥るスペースシャトル。地球物理学者のキーズ博士は、異常現象の正体が地球のコアの回転停止が原因であることを突き止める。

地球の中心にある核(コア)は回転することによって、磁場を発生させ我々を宇宙放射線から守っている。その核(コア)が停止したのだった。沈黙する地球が我々に突きつける戦慄の宣告。
このままでは地球が焼きつくされ、人類は一年以内に滅亡する。果たして人類は滅亡のシナリオを書き換えることができるのか。

<みどころ>
地球の核「コア」の停止による滅亡の危機に、人類が選んだ起死回生の手段とは!?
「ダークナイト」のアーロン・エッカート、「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクらが出演。「エントラップメント」のジョン・アミエル監督がおくるパニックSF映画。

SF映画と言えば「地球外」の脅威と人類が戦う映画が多いが、地球の「地底」から恐怖が迫りくるという斬新な発想や演出にとても興味を惹かれます。ストーリーが進行するにつれ、地球滅亡の予兆が大きくなっていくリアルタイムの恐怖、選ばれた精鋭メンバー6人が人類を救うための奮戦、「1人また一人」と死んでいく緊迫感は必見。

アルマゲドン系のSFスピリット溢れる映画ですが、ストーリーの中で科学的な根拠を示してくれている所が良いです。特殊超合金で作られた船艦で、灼熱のマントルへ突入するシーンは息を呑みます。逃げ場のない船内で極限状態に追い込まれた人間の心理描写も見事なみどころです。

インターステラー


インターステラー(2014年)★星4.5

<あらすじ>
劇的な環境変化によって地球の寿命は尽きかけていた。
エンジニアで元テストパイロットだった「クーパー」は、人類が居住可能な新たな星を探すという難しいミッションに選ばれる。まだ幼い愛する息子と娘との再会はおそらくもう望めない。

それでも彼は、泣きじゃくる娘に「必ず帰ってくる」と約束する。
だが彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。
はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか。。。

<みどころ>
ノーベル物理学賞を受賞している物理学者のスペーストラベル理論に基づいた宇宙の姿と神秘を、過酷な任務に臨む父とその家族の愛と絆を絡ませながら描いています。
今作品の魅力は大迫力なSF映画だけではなく、物理の法則がしっかりと描かれていることです。

三次元の法則、時間と重力などの、物理に触れながら、人間の創造力を最大限に活かして、どんな困難な状況でも諦めず、遠い宇宙から大切な家族や娘に最後までメッセージを伝えようとする父親の姿は感動を呼びます。過去と未来が交差しながら父と娘の絆の強さを表現した感動の名作。

まとめ

今回はおすすめのSF映画を厳選してご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
SF映画はカテゴリーやジャンルのバリエーションが豊富なので、様々な作品を新鮮な気持ちで楽しむことができます。

宇宙を舞台にした未知なる世界は人間の想像力を掻き立て刺激します。
意外と「まだ見たことがなかった」または、懐かしいから「もう一度見てみたい」など、この記事を参考にお気に入りの作品を見つけてみて下さい。

<他の映画関連記事は↓↓↓下記をご参照下さい>

絶対観たい人気のおすすめ名作映画20選の見どころをまとめてみた

 

無料動画配信サービスを利用して視聴しよう

U-NEXTで見る【31日間無料】

U-NEXTは現在見放題作品数No.1の動画配信サービスです。

映画 ・ドラマ ・アニメなどの動画配信だけではなく、マンガ ・書籍 /・雑誌など幅広いコンテンツを配信しています。

映画、ドラマ、アニメなど見放題作品180,000本以上配信中。

お申込みから31日間、月額プラン利用料が無料でお試しいただけるキャンペーンがあります。

動画配信数No.1なので他社にはないマニアックな作品を見つけて視聴することができるのが嬉しいですね。

31日間無料トライアル期間中に解約しても、料金は一切発生しませんのでご安心下さい。

登録が簡易で簡単なので、サクっと登録してすぐ視聴できるのでおすすめです。

<U-NEXT31日間無料トライアル登録はこちら>

 

Amazon Prime Videoで見る【30日間無料】

Amazonプライムビデオは、30日間無料体験つきの映画・TV番組見放題サービスです。

数ある動画配信サービスの中でも、「Amazonプライム・ビデオ」は月額わずか500円で10,000本以上の作品が見放題で、コストパフォーマンスが最も高いと言われています。

Amazonプライムはもともと動画配信を専門としたサービスではないため、動画配信が専門の会社と比べるとマニアックな作品は少ないですが、私の体験した感想では有名どころの作品なら十分なボリュームだと思いました。

無料体験期間が30日間あるので一度体験で見まくってみてから、もし気に入ったら入会すると良いでしょう。

私はAmazonでよく買い物をするので配達の時、「お急ぎ便」が無料で利用できるようになるので非常に重宝します。これだけでもすぐに元が取れます(笑)

もちろん動画配信サービスは30日間無料期間中に解約しても、料金は一切かかりません。

<Amazonプライムビデオ無料体験30日間登録はこちら>

Amazonプライムビデオ